メインメニュー

JavaScriptで動的な動きを

JavaScriptで動的な動きをITエンジニアであれば必ずと言っていいほど通る道でもある「JavaScript」は、フロントエンドエンジニアを目指す人であれば一般のエンジニアよりもさらに高い専門性が必要になるプログラミング言語です。これからIT知識を身につけてフロンドエンドエンジニアとして仕事をしようと考えている人であればJavaScriptという言葉はもちろん知っているかもしれませんが、具体的にそれで何ができるのかについて人に説明できるぐらいにしっかりと理解しておきたい知識です。ではこの言語がどのような役割を持つものなのかについてご紹介します。

JavaScriptとは

JavaScriptはかつてアメリカで開発されたWebブラウザに使われるプログラミング言語です。まだインターネットがそれほど普及していなかった頃のWebサイトは、今のように様々な動きをするということはなく、まるで本のページのように動きのないものでした。今でもそのようなページはたくさん存在していますが、自分で文字の大きさを変更することができたりするのはJavaSriptによるものであるなど、Webサイトを見やすく便利かつ魅力的にするために重要な役割を担っています。
その他のプログラミング言語には「Java」というものがありますが、名前が似ているということもあってJavaScriptと深い関係があると思われがちです。しかしこれら2つのプログラミング言語は全く違う別の言語です。JavaScriptを使用すると、Webサイト内に様々な動きをつけることができるようになるため、Webサイトを扱うフロントエンドエンジニアはHTMLとCSSで文章やデザインを構成し、JavaScriptで動きをつけるという一連の流れをしっかりと理解し、それらの知識によく精通している必要があります。

実践的にJavaScriptを勉強する

プログラミング言語の学習は、テキストをただ見ることや暗記をすることで習得できるようなものではなく、実際に使ってみることによって上達するものです。例えて言うならば、外国語を使えるようになるために積極的に言葉を使う必要があるのと同じ考え方です。そこにもし同じ言語を学ぶ仲間がいれば、楽しく学ぶことができるだけでなく、いい意味での張り合いも出てきて学習意欲を高められるというメリットもあります。
JavaScriptをそのようにして学ぶことができるのが「Code Study」というサイトです。Code Studyでは、ブラウザ上で誰でも簡単にゲーム感覚で遊びながらJavaScriptを学ぶことができます。プログラミング言語の学習は孤独な時間になりがちで、わからないことがあると煮詰まってしまうということもありますが、Code Studyで勉強すれば、同じ目的を持つ仲間との交流ができるので勉強のモチベーションを保つことができるでしょう。

  • ここからとびます
  • ここからとびます
  • Code Studyなら友達と一緒にオンラインで勉強することができるので、お互いわからないことがあれば相談し合うことができます。

「今」求められているフロントエンドエンジニア 新着記事

企業が求めるのはコミュニケーション能力
企業が求めるのはコミュニケーション能力

フロントエンドエンジニアとして活躍しよう

初めてのコーディング基礎
初めてのコーディング基礎

まずは知識の習得を

HTMLコーダーとは何が違う?
HTMLコーダーとは何が違う?

最近よく聞くフロントエンドエンジニアとは?