メインメニュー

ファイル転送のプロトコル

ファイル転送のプロトコルインターネットで度々見かけるのが「www」ですが、このシステムを使ってWebサイトを見るためのプロトコルは「HTTP」です。多くの人が知っているこのプロトコルの他に「FTP」というプロトコルがありますが、このページではその「FTP」について簡単にご紹介します。

プロトコルとは

プロトコルとは、日本語では「規定、規約」などを意味しますが、IT用語としても同じ意味で考えることができます。この用語は通信と深い関係があり、インターネットを使ってサイトを閲覧したりデータをやり取りすることができるのは全て「プロトコル」というネットワーク上の決まりによるものです。プロトコルには用途別に様々な種類がありますが、よく見かける「HTTP」はホームページの閲覧やパソコンとWeb上のデータをやり取りすることができるプロトコルとなっています。

ファイル転送用のプロトコル「FTP」

FTPは略すと「File Transfer Protocol」です。そのまま日本語にすればわかるように、「ファイルを転送する規約」です。つまり、FTPはファイル転送のためのプロトコルということになります。

ファイルを転送するかデータごと転送するか

何かのファイルを転送する際に、HTTPだとWebページなどのデータを含めてまるごと転送することになりますが、ファイルのみを転送することができるFTPならば必要なものだけをやり取りすることができます。しかも、ダウンロード専門のHTTPとは違い、FTPはアップロードも専用ソフトがあれば簡単に行うことができるため、大きなサイズのファイルを扱いたい時に安定的に早くやり取りすることができるというメリットがあります。基本的にFTPでファイルをダウンロードするためには認証作業が必要になりますが、専用のツールを使えば認証なしでダウンロードできるよう設定することも可能になります。

プロトコルについて詳しく学ぶには

深い知識と高い技術が求められるフロントエンドエンジニアを目指す人にとって、プロトコルについての知識を理解することは必要不可欠な要素ですが、プロトコルにはいくつもの種類があるので頭の中で整理しながら総合的に学んでいかなければなりません。
おすすめなのは「図解でわかるネットワークプロトコル」です。文章の解説だけではなかなか理解しにくいプロトコルのメカニズムについて、わかりやすい図とイラストを交えながら視覚的に学ぶことができます。

  • ここからとびます
  • ここからとびます
  • 図解でわかるネットワークプロトコルは、フロントエンドエンジニアとしての土台を整えたい人にぴったりの教材として活用することができます。

「今」求められているフロントエンドエンジニア 新着記事

企業が求めるのはコミュニケーション能力
企業が求めるのはコミュニケーション能力

フロントエンドエンジニアとして活躍しよう

初めてのコーディング基礎
初めてのコーディング基礎

まずは知識の習得を

HTMLコーダーとは何が違う?
HTMLコーダーとは何が違う?

最近よく聞くフロントエンドエンジニアとは?