メインメニュー

初めてのコーディング基礎

初めてのコーディング基礎Webサイトの制作に携わるフロントエンドエンジニアを目指すならば、コーディングに関する知識をまずは取り入れるようにしましょう。勉強方法はいくつかあるので、自分に合った方法を見つけるためにもいろいろと試してみることをおすすめします。

HTMLとCSSについて学ぶ

Webサイトを作るためには、HTMLとCSSでコーディングをするための勉強をする必要があります。どちらもコーディングの基本的な分野なので専門書籍も数多く販売されていますし、スクールなどで人から教わるという方法もあります。しかし、HTMLとCSSの基礎は比較的簡単なので、インターネットや書籍などを活用して独学で身につけることも十分に可能です。これらの言語についてはただ読み物として学ぶというよりも、無料のテンプレートなどをうまく活用して、実際にサイトを作りながら学んだ方が理解しやすい場合があるので、基本的なことを理解したらまずはHTMLやCSSを実際に使ってみるようにしましょう。
簡単なサイトならばすぐに作れてしまうかもしれませんが、CSSの場合はブラウザによって思ったような動きをしてくれない場合があるため少し注意が必要です。CSSでコーディングした通りにならなかった時にはブラウザ側の設定をやり直すなど、相応の対策をしてみましょう。そのようにしてコーディングの基礎が少し上達してきたら、作ってみたいと思うサイトをお手本にしながら持っている知識を使ってそれに近いものを作ってみるのもいいかもしれません。

HTMLとは

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language」を略したもので、Webサイト用の言語として広く使用されています。HTMLを使ってサイトの文章を書くことによって、Webサイト同士リンクすることもできますし、サイト内の文書の見出しや段落などに目印をつけることによって、文書をきれいに整理することも可能になります。そのために使われるのがHTMLタグと呼ばれているもので、目的別のタグを使えば簡単に文書を作成することが可能です。

CSSとは

CSSとは、「Cascading Style Sheets」を略したもので、HTMLで書いた文書をどのようなスタイルにするかを指定する役割をする言語です。CSSを使うことによって、文章の色や背景、音声ファイルの再生方法などを自在に変化させることができるため、デザインをどのような配色にしてレイアウトをどうするかなど、Webサイトの個性を表現するためには欠かすことのできない要素です。

クイックリファレンスで勉強する

HTMLとCSSの基礎から実践的知識までを学ぶことができるのが「クイックリファレンス」というサイトです。このサイトではHTMLやCSSの基本的知識をわかりやすく学ぶことができます。

  • ここからとびます
  • ここからとびます
  • クイックリファレンスならHTMLタグやCSSプロパティも目的別にわかりやすく表記されているため、すぐに始めることができます。

「今」求められているフロントエンドエンジニア 新着記事

企業が求めるのはコミュニケーション能力
企業が求めるのはコミュニケーション能力

フロントエンドエンジニアとして活躍しよう

初めてのコーディング基礎
初めてのコーディング基礎

まずは知識の習得を

HTMLコーダーとは何が違う?
HTMLコーダーとは何が違う?

最近よく聞くフロントエンドエンジニアとは?