メインメニュー

HTMLコーダーとは何が違う?

HTMLコーダーとは何が違う?IT業界でも最近よく耳にすることが多くなったフロントエンドエンジニアは、近年その需要が増えているということもあって目指す人も増えてきました。では、フロントエンドエンジニアとは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

HTMLコーダーとの違い

現状ではフロントエンドエンジニアの仕事に明確な定義があるわけではありませんが、Webサイトの構築に必要な数々のプログラム言語やその工程に関する知識によく精通し、その上高い技術力も求められるというIT系の中でもマルチな仕事です。もともとWeb開発の現場では、HTMLコーダーという職種がサイト構築の業務を担っていました。しかし、IT技術の進歩はかなり早いため、新しい技術や工程がどんどん多くなり、HTMLコーダーが担うべき仕事の範囲がどんどん広くなってきてしまいました。HTMLコーダーは開発工程の全ての作業を行うことができると考えられてしまうこともありますが、プログラミングなどは本来プログラマーの仕事ですし、それも含めてカバーしようと思うとブラウザに関することも深く理解しておかなければなりません。そこで新たに加わったのがフロントエンドエンジニアという仕事です。

フロントエンドエンジニアとは

HTMLコーダーは、HTMLとCSSを用いて設計通りにWebサイトの基盤を作りますが、フロントエンドエンジニアはさらに複雑な動きや利便性を追求したいという時にその知恵と技術を発揮します。Webサイトは年々進化し続けているため、クライアントからのリクエストも多様化してきている傾向があります。そのため、従来の方法では対応しきれないことも増えており、HTMLコーダーに対するアドバイザー的存在が必要になっていったという背景があります。
ITエンジニアであれば最新の情報や技術にある程度通じていなければなりませんが、中でもフロントエンドエンジニアは最新のトレンドを掴んで理解しておくことが必要になるため、常にアンテナを張って情報を入手し、応用できるだけの理解を深めていなければなりません。HTMLコーダーもフロントエンドエンジニアもHTML、CSS、CMS、JavaScriptに関する知識が必要ですが、フロントエンドエンジニアの場合、それぞれプラスアルファの知識を覚える必要があるというイメージです。

フロントエンドエンジニアのやりがい

フロントエンドエンジニアの力が必要とされる時は、他の分野を担うエンジニアの手に負えない状況や、それまでやったことのないことを求められている時でもあります。それは決して楽な作業ではないかもしれませんが、どうすれば希望通りのサイトになるかを考えて具体的な方法を様々な角度から提案し、それがその通りに実現できた時にはとてもやりがいを感じることができるでしょう。

「今」求められているフロントエンドエンジニア 新着記事

企業が求めるのはコミュニケーション能力
企業が求めるのはコミュニケーション能力

フロントエンドエンジニアとして活躍しよう

初めてのコーディング基礎
初めてのコーディング基礎

まずは知識の習得を

HTMLコーダーとは何が違う?
HTMLコーダーとは何が違う?

最近よく聞くフロントエンドエンジニアとは?